東京都 滝山城跡(1)2017年04月30日

滝山城は 1521年、武蔵国守護代の大石定重が近くの高月城からこの地に移り、築城したのが始まりとされます。 その後、北条氏の支配下に入ると北条氏照の居城となります。
1561年、武田信玄の猛攻を受けると落城寸前まで追い込まれた事により、氏照は守りを強化した八王子城を築城し、1587年頃に本拠地を移すと滝山城は廃城となります。

滝山城は観光駐車場があるのでそこにバイクを止めて大手口側から散策を開始します。
散策路の周りが竹林に囲まれており、なかなか良い場所です。
滝山城・大手口

大手口を少し進むと、左側に通路のような物が見えますが、これは通路ではなく小宮曲輪の外側を守る空堀の底です。
最初、山の神曲輪への散策路と勘違いして先に進んでしまいました。 この空堀はかなり深く、当時の面影が良く残っている場所かと思います。
しかし、竹の生命力はすごい...。
滝山城・小宮曲輪外の空堀

大手門跡周辺
空堀から散策路に戻り先に進むと、大手門があったと思われる場所が現れます。
通路左に沿うように堀が掘られており、その突き当りは土塁が盛られて先が見えにくくなっています。 通路の反対側も深い堀が掘られており、折れ曲がった通路が虎口を形成してます。ここが最初の関門と言った所でしょうか...。
滝山城・大手門跡周辺

小宮曲輪
山の神曲輪への通路左側が盛り上がっており、その上が小宮曲輪になります。
北条氏照の家臣、小宮氏の住居があったと推測されています。 小宮曲輪は土塁でいくつかの区画に区切られているようです。
滝山城・小宮曲輪

小宮曲輪桝形虎口
小宮曲輪から山の神曲輪方面へ進み、反対側の入り口となる虎口付近で振り返った所。
盛り上がっている土塁の先が小宮曲輪です。
左側の細い通路が歩いてきた散策路で左側は崖になっています。 この通路を通って内部に侵入しようとすると右側の土塁の上から攻撃を受ける構造になっています。
右側にも通路があるように見えますが、こちらは空堀の底へと繋がっており、この空堀は大手口付近にあった大きな空堀と繋がっています。
滝山城・小宮曲輪桝形虎口

山の神曲輪
先ほどの虎口から山の神曲輪へは、以外と距離があります。 滝山城は思ったよりも大きな城だったのだと実感します。 山の神曲輪は周辺住民の避難場所として使用されていたようです。 この曲輪の先は崖になっており、その先には多摩川が流れています。
滝山城・山の神曲輪

滝山城・山の神曲輪

三の丸
山の神曲輪から来た道を延々と引き返し、三の丸へ向かいます。
小宮曲輪と比べると、だいぶ狭い感じがします。 滝山城は、建物などは何も残ってませんが、曲輪や堀などの跡は良く残っており、比較的自由に散策できるので勉強になります。
そういえば、八王子城と違って石垣とかは見当たらないですね...。
滝山城・三の丸

コの字型土橋
三の丸と千畳敷の間にあるコの字型をした土橋です。 不自然に通路がコの字型に変形しているのが分かります。 当時、この通路はもっと細かったらしく、二の丸方面の重要な防御施設だったと思われます。
滝山城・コの字型土橋

コの字型土橋の内側にある空堀底。 当時はもっと深かったかも...。
武田信玄に攻められた時は三の丸まで攻め込まれたとの事なので、この辺りまで敵が侵入したのかも知れません。
滝山城・コの字型土橋

千畳敷
コの字型土橋を渡ると左側の土塁の先に千畳敷があり、かなりの広さがあります。
ここに大勢の兵士が控えていて、土塁の下を通る敵を攻撃していたのかも知れません。
これだけの広さなので、何等かの建物もあったのだと思いますが、現在は何もありません。
滝山城・千畳敷

二ノ丸側から千畳敷側に突き出るように設置された馬出しの土塁です。 この土塁の裏側が馬出し用の空間で、右側から回り込むように細い通路があります。
左側奥の広場は千畳敷で、千畳敷と馬出の間に堀と土塁が配置されています。
滝山城・西側馬出し

二ノ丸側面の空堀です。 右側の散策路の反対側はこの堀よりも深い崖になっており、地図には「大池」と書かれている事から池になっていた可能性があります。
この道は二の丸や大馬出しへと繋がるのですが、道幅はさらに細くなります。 また、左上の二ノ丸側からも攻撃を受けやすい場所ので、大群で移動できなくするように考えられているようです。
滝山城・二の丸側面の空堀

大馬出し
大馬出しへの進入路は両側に堀が配置されており非常に狭いです。
滝山城・大馬出し

二ノ丸南側の大馬出は、三の丸位の広さがある大きな物です。
こうしてみると、二の丸の東と南には大きな馬出しが配置されてますが、それに比べると西側の馬出が極端に小さく感じます。 ただ、西側の馬出しの前には千畳敷が配置されているので、千畳敷がその役割を担っているようですね...。
滝山城・大馬出し

東側馬出し
二ノ丸東側を守る、大きな馬出しです。 この馬出の周りは大きな堀で囲まれているようです。
滝山城・東側馬出し

東側馬出しから見たU字型の通路。 左側が外からの侵入路で右側は二の丸へと通じます。
細い進入路を入ると大勢の敵が待ち構えている馬出しの中に飛び込む構造になっており、よく考えらえた構造になってます...。
滝山城・東側馬出し

二ノ丸
二ノ丸は中央の堀で分断されている構造のようで、ちょっと変わっています。
恐らく、東側馬出しからの進入路を通ると堀底に誘導され、両側から攻撃を受ける構造なのだと思います。
滝山城・二ノ丸

大手口から二の丸まで来ましたが、予想以上に大規模な城でした。
中の丸から先は次回へ...。