京都府 仁和寺2017年11月23日

仁和寺は光考天皇が西山御願寺として創建を開始しましたが 887年に崩御。 宇多天皇が後を継ぎ 888年に完成し、年号を取って仁和寺となりました。
後に、宇多天皇は出家して仁和寺に入り、日本初の法皇となります。 また、それ以降、皇子、皇族が仁和寺の住職を務めます。
仁和寺は世界遺産登録されています。

二王門
龍安寺から仁和寺へはバスで移動しましたが、歩いてもそれほど時間は掛からないと思います。 バスを降りると目の前に大きな二王門が目に入ります。
現在の二王門は 1644年頃に建立された物なので以外と新しいです。 まぁ、応仁の乱で伽藍は全焼しているので、創建当時の建物が残っているはずがありませんが...。
仁和寺・二王門

仁和寺・二王像

仁和寺・二王像

御殿
まずは御殿から見て行きます。 大玄関ですが、非常に立派です。
でも、1887年に御殿は火災で焼失しており、現在の建物はそれ以降に再建された物です。
そう言えば、仁和寺は意外と観光客が少ないですね...。 金閣寺、龍安寺と比べると、少し落ち着いて見学できそうです。
仁和寺・御殿・大玄関

仁和寺・御殿・紅葉

御殿の白書院です。 火災で焼失後、1890年に建立されたようです。
白書院の目の前には白い砂を敷き詰めた南庭が広がります。
縁側に腰かけて南庭を眺めると落ち着きます。
仁和寺・御殿・白書院

仁和寺・御殿・南庭

白書院から宸殿を見た所。 奥に見える建物が宸殿です。
現在の宸殿は火災で焼失後、1914年に再建された物です。 儀式や式典に使用される、御殿の中でも重要な建物のようです。
仁和寺・御殿・宸殿

仁和寺・御殿・宸殿

宸殿の北側にある北庭です。 庭園は江戸時代に仁和寺が再興された頃に造営されたようです。 奥に五重塔と中門が見えます。 左側に見えるのは茶室でしょうか?
仁和寺・御殿・北庭

廻廊を進むと奥に見えるのが黒書院です。 1909年に旧安井門跡の寝殿を移築した物です。
こうして見ると、明治の火災で御殿が消失した後、時間をかけて修復されたようです。
仁和寺・御殿・黒書院

御殿の一番奥にある霊明殿です。 1911年に建立されました。
歴代門跡の位牌が安置されています。
御殿の中で一番神聖な場所です。
仁和寺・御殿・霊明殿

白書院と黒書院、宸殿は廻廊で繋がれています。
仁和寺・御殿・廻廊

中門
御殿を出て金堂の方に向かいます。
二王門と金堂の丁度中間地点に存在し、この門の先が伽藍の中心的な場所になります。
現在の中門は二王門と同じ頃に建立された建物のようです。
どうやら寛永年間(1624 ~ 1644年)に、徳川幕府によって再興されたようで、現在の姿はその頃の面影が強いのかも知れません。
仁和寺・中門

観音堂
1641 ~ 1644年頃に建立された建物のようですが、ご覧の通り工事中です。
建物の様子は全く見えません。 平成30年の春に終了する予定です。
仁和寺・観音堂

五重塔
1644年に建立された五重塔です。 高さは 38.18m あり、大日如来像が安置されています。
仁和寺・五重塔

金堂
1613年に建立された御所内裏紫宸殿を寛永年間(1624 ~ 1644年)に仁和寺を再整備した時に移築したのが現在の金堂です。 阿弥陀三尊が安置されています。
金堂周辺の紅葉が綺麗です。
仁和寺・金堂

仁和寺・金堂

鐘楼
朱色の立派な鐘楼です。 金堂の向かって左側に位置します。
周りが壁で囲まれているので梵鐘は外から見えません。 東照宮の鐘楼もこんな感じでした。
こちらも 1644年に建立された物です。 着色されているせいか、もっと新しく見えます。
仁和寺・鐘楼

経蔵
寛永~正保年間(1644~1648年)頃に建立された建物です。 金堂の向かって右側に位置します。 釈迦如来、文殊菩薩、普賢菩薩などが安置されています。
また、内部には輪蔵があるらしく、一切経が収められているようです。
仁和寺・経蔵

九所明神
こちらも寛永年間に再興した時に建立されたものです。 九座の神様が鎮座しています。
中央に八幡三所、中央から左側に、松尾大明神、平野大明神、小日吉大明神、木野嶋天神が鎮座し、中央から右側に、賀茂下上、日吉大明神、牛頭天王、稲荷大明神が鎮座します。
仁和寺・九所明神

こちらが拝殿のようですが、本殿との間隔が広すぎるので気が付きませんでした。
金堂側から来ると、本殿でそのまま参拝しちゃいますね...。
仁和寺・九所明神・拝殿

御殿の拝観は別料金になりますが、御殿がメインのような印象を受けます。
時間に余裕があれば拝観した方が良いかと思います。
また、境内が広いせいか、それほど混雑した印象も無く、落ち着いて拝観する事ができました。 以外と穴場的な場所ですね...。 たまたまでしょうか?


コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※なお、送られたコメントはブログの管理者が確認するまで公開されません。

名前:
メールアドレス:
URL:
コメント:

トラックバック

このエントリのトラックバックURL: http://hiros-info.asablo.jp/blog/2017/11/23/8753679/tb

※なお、送られたトラックバックはブログの管理者が確認するまで公開されません。