京都府 宝厳院~嵐山竹林2017年11月25日

宝厳院は天龍寺の塔頭寺院で、1461年に創建されました。
創建当初は京都府上京区にありましたが、応仁の乱で焼失、天正年間(1573~1591年)に豊臣秀吉によって再興されました。
天龍寺横の現在の位置に移ったのは 2002年なので、かなり最近の事のようです。

寺院内にある「獅子吼の庭」は紅葉の名所として有名です。
大き目の丸い石が敷き詰められた苦海。 この大きさの石が使われているのは珍しいかも知れません。
宝厳院・紅葉

庭園内の紅葉は見事です。
地面を覆う苔もいい感じです。
宝厳院・紅葉

無礙光堂
永代供養の為に建立された御堂です。
核家族化が進み、お墓を維持するのも難しくなる時代なので、永代供養の需要はこれからも増え続けると思います。
宝厳院・無礙光堂

宝厳院・無礙光堂

無畏庵
寺院内にある茶室の一つです。
無畏」とは仏が教えを説く時に、豊富な知識から恐れる事の無い態度の事を言うらしい...。
確かに、自信を持って話す人の言葉は説得力がありますね..。
宝厳院・無畏庵

本堂
2008年に完成した本堂です。
この地に移ったのが 2002年なので、宝厳院の建物は全体的に新しい物が多いです。
本堂内には朱色の珍しい襖絵がありますが、別途、拝観料が必要になります。
しかし、京都の散策は拝観料が馬鹿にならないです。 自分の場合は文化財の保護費として割り切ってますが...。
宝厳院・本堂

紅葉が本当に美しいです。
宝厳院・紅葉

宝厳院・紅葉

宝厳院・紅葉

宝厳院・紅葉

青嶂軒
もう一つの茶室です。
大正時代の建物を移築、復元した物らしいです。
宝厳院・青嶂軒

宝厳院垣
入口付近にある、小枝を束ねたような変わった垣根です。
宝厳院・宝厳院垣

宝厳院から外に出て「ミモジのトンネル」を歩きます。
塀越の紅葉が美しいです。
ここは拝観料が不要あと思えるので、撮影スポットとしては良さそうな場所です。
観光客がもう少し少なければ良い場所なのですが...。
宝厳院・門

有名な嵐山の竹林に来ました。 物凄い混雑です...。
ここに来て、散策した順番の失敗に気が付きました。 最初にここに来れば、早朝だったのでここまでは混雑してなかったと思います...。 次回は早朝に来てみたいと思います。
嵐山竹林

竹林には人力車専用の通り道があります。
あの混雑の中を人力車が通行するのは困難ですし、利用客も落ち着いて風景を楽しむ事ができるので、なかなか良いアイデアかと思います。
嵐山竹林

嵐山竹林

地図(嵐山竹林)

コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※なお、送られたコメントはブログの管理者が確認するまで公開されません。

名前:
メールアドレス:
URL:
コメント:

トラックバック

このエントリのトラックバックURL: http://hiros-info.asablo.jp/blog/2017/11/25/8793676/tb

※なお、送られたトラックバックはブログの管理者が確認するまで公開されません。