山梨県 新倉山浅間公園2018年02月12日

ガイドブックなどで有名な、富士山と五重塔の写真。
恐らく世界遺産登録されている浅間神社のどれかだろうと予想し、前回、静岡方面から巡ってみたけど全て空振りに...。
調べ直した所、世界遺産とは関係無い「新倉山浅間公園」である事が判り、天気が良かったので訪問する事にしました。 駐車場は十分な広さですが、そこまでの道路は予想以上に狭く、路に迷ってしまいました...。

駐車場には除雪した雪が大量に残ってます。
駐車している車も結構、多いです。 桜のシーズンとかだと、この広さでも満車になりそうです。
新倉山浅間公園

まずはこの階段を登って新倉富士浅間神社に向かいます。
新倉山浅間公園・浅間神社へ

新倉富士浅間神社の拝殿に到着。
ここは世界遺産では無いのですが、参拝者が多いですね...。 順番待ちが発生しています。
前回、世界遺産の浅間神社を廻った時には、ほとんど人に合わなかったのですが...。
この神社、創建は 705年と伝わっており、公園ができる遥か前から神社はこの地に鎮座していたようです。
新倉山浅間公園・拝殿

拝殿の下には樹齢1500年とも言われる巨木の跡があります。
大正15年に現在の拝殿を造営する時に、この巨木跡が軒下に隠れたそうです。
昭和57年に荒浜神社を改修した際に偶然見つかったとの事なので、発見されるまでは埋もれていたのかも知れません。
新倉山浅間公園・拝殿

拝殿手前にあったコンパクトな感じの舞殿。
目的地の新倉山浅間公園は、ここよりさらに山を登った所にあります。
新倉山浅間公園・舞殿

拝殿下の巨木跡を発見する切っ掛けとなったのがこの荒浜神社。
新倉山浅間公園・荒浜神社

境内にあった御神木。
元々は1本の檜でしたが、根本部分に幼い杉の木が着生して育った事から「子育て神木」と呼ばれています。 檜と杉が合体している木のようですが、こういうのは普通なんでしょうか?
新倉山浅間公園・神木

最寄り駅である下吉田駅から徒歩で来た場合、こちらの鳥居が入口になります。
ここの鳥居は前回巡った浅間神社では見かけなかった、両部鳥居の形をしています。
新倉山浅間公園・鳥居

新倉山浅間公園・鳥居

目的の五重塔はこの階段を登った先です。
何段あるのか知りませんが、相当な長さがあります。 体育系の部活と思われる学生が、この階段を走って昇り降りを繰り返してましたが、相当キツそうでした。
新倉山浅間公園

新倉山浅間公園・階段

公園に登るには、階段以外にも迂回する道があるのですが、こちらは雪が完全に凍り付いており、アイゼン無しで登るのは不可能な状態でした...。
新倉山浅間公園

五重塔に到着。 見た感じ、かなり新しそうです。
案内を見ると、昭和37年に戦没者慰霊の為に建立された物で、木造では無く鉄筋コンクリート製のようです。 形状は大阪四天王寺の五重塔を模しているとの事。
富士山をバックに写真を撮る為、さらに山を登ります。
新倉山浅間公園・五重塔

そうそう。 この風景です。
残念な事に富士山には雲が被っていますが、自然が相手なので仕方がない事。
下の木は恐らく桜なので、次回は桜の開花時期に合わせたいですね...。
でも、駐車場は混雑しそうなので電車かな...。
当日も、この場所は観光客でいっぱいで、ほとんどが海外旅行者でした。 日本よりも海外で有名な場所なのかも知れません。
新倉山浅間公園・五重塔

結局、富士山が顔を出す事は無く、次回に持ち越し...。
いつか、「富士山」+「五重塔」+「桜」の写真を撮りたい...。
新倉山浅間公園・富士山

山頂は凄そうですね...。
新倉山浅間公園・富士山


コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※なお、送られたコメントはブログの管理者が確認するまで公開されません。

名前:
メールアドレス:
URL:
コメント:

トラックバック

このエントリのトラックバックURL: http://hiros-info.asablo.jp/blog/2018/02/12/8830273/tb

※なお、送られたトラックバックはブログの管理者が確認するまで公開されません。