群馬県 水澤観音2018年07月15日

群馬県渋川市にある寺院で、当初、予定に入って無かった訪問でした。
宿泊したホテルに近かったので、世界遺産、荒船風穴を観に行く途中に立ち寄る事にしました。 水澤観音は推古天皇の勅願により創建されたと伝わっており、推古天皇の在位期間は 592 ~ 628年なので、かなり古くからある寺院のようです。

仁王門
1787年に建立されたと考えられている楼門です。
楼門を守るように入り口の両サイトには仁王像、および、風神雷神像が安置されています。
また楼門の2階部分には釈迦三尊が安置されています。
天上には狩野探雲によって竜が描かれています。
水澤観音・仁王門

水澤観音・仁王門の天井画

水澤観音・仁王門

子安大明神
参拝する人もおらず、何なのか分りませんでしが、古い御堂を守る覆堂のようです。 中に祀られているのは子安大明神で、安産祈願として全国で見かけます。
建物には「立春大吉」「転禍為福」のお札らしき物が貼られてました。 「立春大吉」は厄除の札に書かれ、節分に由来するらしいです。 「転禍為福」は「わざわい転じて福となす」の有名な言葉です。
水澤観音・子安大明神

水澤観音・子安大明神

本堂
1787年に建立されたと考えられています。
水澤観音は何度か火災による被害を受けており、元禄~宝暦、天明年間に再建された建物が多いようです。
彫刻や天井画が美しい本堂で、本尊の十一面千手観世音菩薩は非公開です。
水澤観音・本堂

水澤観音・本堂

水澤観音・本堂

六角堂
1787年に建立された六角堂です。 この御堂の「六角」は、天道、人間道、修羅道、畜生道、餓鬼道、地獄道の六道を意味しており、六道を見守る地蔵尊が安置されています。
この地蔵尊の台座部分は回転させる事が可能で、左側に3回廻しながら祈るそうです。
2階部分には大日如来が安置されているようです。
水澤観音・六角堂

水澤観音・六角堂

飯綱大権現
本堂奥にある急な階段を登った先に鎮座しています。
社殿は 1994年に建替えられた新しい物です。
飯綱大権現は長野の山岳信仰が発祥のようで、高尾山薬王院などが有名です。
水澤観音・飯綱大権現

水澤観音・飯綱大権現

鐘楼
1975年に鋳造した鐘なので、最近の物のようです。
1回 100円で鐘を撞く事が可能です。 実際に鐘が撞ける寺院は少ないので記念に撞いてきました。
水澤観音・鐘楼

境内には多くの石仏が並びますが、アンパンマンの石像も...。
水澤観音・石仏

水澤観音・アンパンマン

思ったよりもこじんまりとした寺院でした。 駐車場は十分な広さがあります。
到着したのが早朝だったので、人も少なく静かで、雰囲気が良い場所でした。
水澤観音