兵庫県 竹田城(1)2018年09月16日

「天空の城」として有名な竹田城は 1441年に山名持豊によって築城されました。
対立する赤松氏へ対抗する重要な拠点としてでした。 また、ここは播磨、丹波、但馬への交通の要でもあります。 初代城主は山名氏より守護代を命ぜられた太田垣誠朝(光景と書かれている場合あり)です。
羽柴秀吉による中国攻めが始まると、1580年、竹田城は太田垣氏の手を離れます。
1585年、赤松広秀が城主となりますが関ヶ原の戦いで西軍に付きます。 東軍に降伏して鳥取城攻めに参加しますが、城下で発生した火災の責任を負われて自刃、竹田城は 1600年に廃城となります。

バイクは「竹田まちなか観光駐車場」に駐車します。
バイク専用の駐車スペースが4~5台分くらい確保されますが、それほど多くは駐車できません。 到着したのは 9:30 頃でしたが車の駐車スペースは満車に近い状態でした。
竹田まちなか観光駐車場

遊歩道入口
竹田城へは「天空バス」で行くのが一般的ですが、7月7日の西日本豪雨により道路が崩落した為、バスは運休状態でした。 竹田駅側からタクシーで入山する事ができるのでタクシーを利用しました。 運転手さんの話によると、元々、道路は危ない状態にあり、仮の工事で対応していたようです。 そこに想定外の豪雨が発生したので崩落したようです。
竹田城・遊歩道入口

タクシーを降りて先ほどの門から遊歩道を10分程度歩くと料金所が見えてきます。
今回、100名城のスタンプは料金所で押しましたが、竹田城のスタンプ置き場は他にも何カ所かあるようです。
ちなみに、料金所までは駅から登る事も出来ますが、所要時間は40分との事。 当初、タクシー代をケチって登ろうかと思いましたが体力を温存する事にしました。
竹田城・遊歩道

三ノ丸の石垣
料金所を通過して登城路を進むと三ノ丸の石垣が目の前に現れます。
凄い迫力があります。 まるで古代遺跡のようです。
石工集団「穴太衆」が積んだ石垣に似ている事から竹田城の石垣も「穴太積み」と呼ばれているようです。 この石、どこから運んだのでしょうか...。
竹田城・三ノ丸の石垣

竹田城・三ノ丸の石垣

北千畳の虎口
ここが北千畳への入り口となる虎口で、大手口となる場所かと思います。
団体客が多いので、人のいない写真を撮るのに苦労しました...。
恐らく、ここに立派な城門があり、周りも塀で囲まれていたと思います。 ここは石垣が美しいので、変に建物の復元とかしない方が良いですね...。
竹田城・北千畳の虎口

北千畳からバイクを停めた駐車場方面を眺めた所。
かなりの標高差があります。 本当にあそこからここまで40分で登れるんでしょうか...。
竹田城・北千畳からの眺め

北千畳
竹田城は本丸を中心に左右に蓮郭式のように縄張りが一列に並ぶ構造をしています。
北千畳はもっとも北側を守る曲輪になります。
これだけの広さのある曲輪なので、何等かの建物があったと思いますが、発掘調査などは行われているのでしょうか?
竹田城・北千畳

北千畳から三ノ丸側を見た所です。
見るからに櫓台のような形をした石垣です。 北千畳を見下ろすように櫓が存在していたのかも知れません。
竹田城・三ノ丸の石垣

竹田城・三ノ丸の石垣

三ノ丸の虎口
ここも周辺が塀や櫓で囲まれていたのかと思います。
この曲がった先に城門があり、そこで立ち往生していると左右から狙い撃ちされる仕組みです。 よく見ると、石を切り出す時に開けた矢穴が一列に並んでいる石が使われています。
サイズが丁度良かったのか、石を切るのを止めたみたいですね...。
竹田城・三ノ丸の虎口

竹田城・三ノ丸の虎口

三ノ丸
北千畳ほどの広さは無さそうです。 形も少し細長いので大きな建物は難しそうです。
大手口への登城路はここから丸見えなので、防御の拠点としては重要な場所かと思います。
恐らく、周りは塀で囲まれていた事でしょう...。
竹田城・三ノ丸

三ノ丸と二ノ丸の間にある虎口です。 弐ノ門があった場所です。
この辺りは構造が入り組んでおり、重要な防御施設だった事が予測されます。
竹田城は遺跡保護の為、土嚢が積まれた見学通路以外は立ち入りが禁止されています。
これらの土嚢は農業用モノレールで運んでいるそうですが、築城時はそんな物無かったのでしょうから、石垣の石材を運ぶのは大変だったと思います。
竹田城・二ノ丸の虎口

竹田城・二ノ丸の虎口

二ノ丸の様子です。
それほど大きな建物は配置できなそうな広さです。
三ノ丸からさらに一段高い場所にあります。 幅が広いせいか、三ノ丸より広く感じます。
竹田城・二ノ丸

二ノ丸から竹田城南側の曲輪が良く見えます。
右の石垣が天守台で、南二ノ丸、南千畳へと曲輪が連なります。
古代遺跡のような石垣が見事です。
竹田城・南側

いよいよ竹田城の中核となる本丸へと向かいます...。