東京都 江戸東京たてもの園の梅2020年02月24日

江戸東京たてもの園は 1993年に開館した文化財的な価値の高い建物を移築・展示している施設です。 前身は 1954年に開園した武蔵野郷土館なので、かなり古くからある施設です。
園内を散策しているとその時代にタイムスリップしたような雰囲気を楽しむ事ができます。
暇な時にちょくちょく来る施設ですが、天気が良かったので梅の咲き具合を見にきました。

吉野家
江戸時代後期に三鷹市野崎村(現、三鷹市野崎2丁目)に建てられた農家です。
1963年に移築されました。 多分、休日だけかと思いますが、建物内の囲炉裏には火も入っており、昭和30件頃の農村生活を再現しています。
今は面影が全くありませんが、三鷹周辺もこんな建物が建ち並ぶ風景だったようですね...。
江戸東京たてもの園・吉野家

梅は三分咲きですかね...。
江戸東京たてもの園・吉野家

江戸東京たてもの園・吉野家

綱島家
先ほどの吉野家よりも古い、1700年代(江戸時代中期)の農家だった建物です。
この建物は世田谷区岡本三丁目にあった物で、1997年に移築・保存されました。 約20年前にこんな建物が世田谷にあったとは信じられないですが、1909年、1957年に増改築され、瓦屋根になっていたそうなので、移築直前の外観はだいぶ違っていたのかも知れません。
移築時に江戸中期の状態に戻す為、屋根を茅葺屋根に戻し、囲炉裏も復元したようです。
江戸東京たてもの園・綱島家

今でも囲炉裏を使っているので、屋根裏には良い感じにススが付着してます。
このススや屋根を守っているのだと思います。
江戸東京たてもの園・綱島家

建物の南側にあった梅の木です。
日当たりが良さそうですが、まだ満開にはならないです。 でもこの時期では早い方かも。
江戸東京たてもの園・綱島家

八王子千人同心組頭の家
江戸時代後期に建てられた建物で、八王子市追分町から移築されました。
千人同心は約1000人の構成で国境警備や日光の火の番などを行っていました。 平同心は上層農民が多かったようです。 しかし、八王子から日光まで歩いて移動して警備を行うのは、現代人には考えられないハードワークです。
江戸時代の農村を中心にしたこのエリアの梅は全体的に低調な感じでした。
江戸東京たてもの園・八王子千人同心組頭の家

江戸東京たてもの園・八王子千人同心組頭の家

三井八郎右衛門邸
時代がだいぶ現代に近づいて、1952年に建てれられた戦後の建物です。
財閥解体後、三井八郎右衛門が戦災で焼失した邸宅の代わりとして港区西麻布に建てました。
内部は和室が中心ですが、洋物のシャンデリアが使われていたりと、和洋折衷な建物です。
ここの庭に咲いていた梅は見事でした。 今までの梅と日当たりもあまり変わらないような気がしますが、結構、咲き方に差が出ています。
江戸東京たてもの園・三井八郎右衛門邸

江戸東京たてもの園・三井八郎右衛門邸

高橋是清邸
1902年に建てられた高橋是清の住居で、2・26事件で暗殺されるまでこの建物で生活していました。 高橋是清が亡くなった後、東京市に寄贈された後は多磨霊園に移築されて休憩所として使用されていたようです。 是清が亡くなったのはこの建物の2階で、日本の歴史に大きな影響を与えた事件の舞台となった建物が目の前にあるのも不思議な感じです。
江戸東京たてもの園・高橋是清邸

江戸東京たてもの園・高橋是清邸

梅はそれほどでも無かったですが、野鳥が多かったです。
左上に移っている、黒い鳥は何だろう...。
江戸東京たてもの園・高橋是清邸

西川家別邸
1922年に昭島市中神町に建てられた別荘のようで、接客・隠居所として使用されていたようです。
西川氏は多摩地域有数の製糸会社を経営してました。 しかし、戦争中に軍需品を製造する工場への転換を余儀なくされたようです。
中に入ると誰もいなかったので、しばらくの間くつろいでました...。 広い家は良いですね...。
江戸東京たてもの園・西川家別邸

江戸東京たてもの園・西川家別邸

川野商店
この建物は、1926年(大正末期)に江戸川区小岩に建てられた和傘製造問屋でした。
寄贈されたのは 2000年なので、店舗としての役割を終えた後も住居として使用されていたのかも知れません。
建物正面は見た目も店舗ですが、裏側は居住空間になっているので、後ろから見ると普通の建物です。 建物の裏手に植えられた梅が少しだけ咲いていました。 
江戸東京たてもの園・川野商店

万徳旅館
江戸時代末期~明治時代初期に青梅市にあった旅館です。 旅館としては 1993年頃まで影響していました。 増改築を繰り返していたので、様相は年代と共に変化していたようですが、1950年頃を想定して復元されています。
客室から眺める梅が良さげですが、実際の客室は2階だったようです。 (1階部分は住居として使用されていたようです。)
江戸東京たてもの園・万徳旅館

江戸東京たてもの園・万徳旅館

今年の梅は開花が早そうですが、まだ少し早かったかも知れません。
ここは何度来ても良い場所です。