京都府 勝林寺2020年11月20日

勝林寺は東福寺の塔頭の一つで、1550 年に高岳令松によって創建されました。
東福寺の鬼門に位置しており、毘沙門天を祀る事から「東福寺の毘沙門天」と呼ばれています。 本尊の毘沙門天立像は平安時代後期の作で、東福寺仏殿の天井裏に安置されていた物で、江戸時代に発見され勝林寺の本尊になりました。
普段は拝観できませんが、8名以上の団体であれば受け付けているようです。

東福寺から泉涌寺に歩いて移動する途中、「特別拝観」の文字が目に入りました。 当初、勝林寺の拝観は予定に入っておらず、一度は通り過ぎたのですが、気になってしまい拝観する事にしました。

花手水
境内に入って直ぐに目を引いたのが、この花手水です。
綺麗ですね。 これだけ綺麗に飾られている手水は初めて見ました。 常に誰かが写真を撮っているので、人が入らないように撮るのに苦労しました。
もっと、ちゃんとした写真を撮りたかったですね...。
勝林寺・花手水

勝林寺・花手水

庭園の演出も良いですね...。 良い意味で、予想外の場所でした。
駅から東福寺への通り道からは少し外れているのに、参拝者は意外と多いです。 意外と知られている寺院なのでしょうか?
今年は中止になりましたが、ライトアップも行われているようです。
勝林寺

勝林寺

勝林寺

勝林寺

勝林寺

本堂
本堂は、大檀那であった近衛家の大玄関を移築して建てられました。
「檀那」とはお布施をする人を意味する仏教用語のようですが、今使われている「旦那」の語源のようです。 なるほど「旦那」って、「お金を持ってくる人」って事ですか...。
勝林寺・本堂

本堂で参拝した後、庭園が見える部屋に移動します。
部屋の中まで和傘で演出されていました。
こうして見ると、和傘は今の雨傘に無い美しさがあります。 日本の文化として残したいですね...。
勝林寺

勝林寺

勝林寺

本堂を出ると、いきなり雨が降ってきました。
でも、しっとりとした雰囲気も悪く無いです。
勝林寺

なんとなく拝観した寺院ですが、予想以上に素晴らしかったです。
ここは、また来たい場所ですね...。 予想をして無かった出会いでした。


コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※なお、送られたコメントはブログの管理者が確認するまで公開されません。

名前:
メールアドレス:
URL:
コメント:

トラックバック

このエントリのトラックバックURL: http://hiros-info.asablo.jp/blog/2020/11/20/9324074/tb

※なお、送られたトラックバックはブログの管理者が確認するまで公開されません。