東京都 新宿御苑 2022冬2022年02月23日

コロナウィルスが蔓延してから休園や人数制限が繰り返された新宿御苑、完全に足が遠のいてしまいました。 蔓延防止法による営業を自粛する庭園も多いのですが、開園していたので久々に新宿御苑に来てみました。

モミジバスズカケノキ
新宿門の近くにある巨木で、いつ見ても圧倒されます。
スズカケノキ科スズカケノキ属を総じて「プラタナス」と呼ばれています。 明治20~30年代に植えられた新宿御苑のプラタナスは日本最古の木になるらしいです。
幹の太さが 6m 以上あるこの巨木は、いったい何歳なのでしょうか?
新宿御苑・ミジバスズカケノキ

新宿御苑・ミジバスズカケノキ

梅はポツリ、ポツリと咲いてましたが、まだ早すぎる感じでした。
今年の冬は例年よりも寒い感じがするので、梅の開花は少し遅いのかも知れません。
新宿御苑・梅

カンザクラ
梅は今一つでしたが、カンザクラは綺麗に咲いてました。
梅よりも開花時期が早いので、梅が遅れている場合はこちらが見頃だったりします。
ここの寒桜にはメジロが集まるので、それを見るのも楽しみの一つです。
新宿御苑・寒桜

新宿御苑・寒桜

メジロ
御苑のカンザクラには、メジロが群れで来る印象があるのですが、今回は数匹程度でした。
高い木の上にいるので、200mm 望遠だと移すのが厳しいです。
新宿御苑・メジロ

新宿御苑・メジロ

新宿御苑・メジロ

新宿御苑・メジロ

ヒヨドリ
メジロの数が少ないのは、こいつのせいかも知れません。
メジロが近づくと、ヒヨドリがちょっかいを出して追い払います。
縄張り意識がかなり強そうです。 こいつがいると、メジロも落ち着いて食事が出来ないようです。
仲良くしてくれると良いのですが...。
新宿御苑・ヒヨドリ

風景式庭園の周辺には巨木が多く、芝生に伸びる長い影が印象的です。
ビルだらけの新宿にもこんな場所があります。
新宿御苑

プラタナス並木
全ての葉が落ちているので寒そうです。
新宿門近くのモミジバスズカケノキと同じ種類らしいのですが、大きさがだいぶ違います。
この並木も、あんな風に巨大化するのでしょうか?
新宿御苑・プラタナス並木

大木戸休憩所の近くに、新しい建物が建設中でした。
新しい休憩所のようです。
新宿御苑

久々に新宿御苑をぶらぶらと歩いてみましたが、天気も良くて良かったです。
多分、今年もコロナの影響で桜のシーズンは事前予約制になると思いますが、その日の気分で出かける人間にとっては、早くいつも通りになって欲しいです。


コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※なお、送られたコメントはブログの管理者が確認するまで公開されません。

名前:
メールアドレス:
URL:
コメント:

トラックバック

このエントリのトラックバックURL: http://hiros-info.asablo.jp/blog/2022/02/23/9472169/tb

※なお、送られたトラックバックはブログの管理者が確認するまで公開されません。