神奈川県 三保の家~三保ダム2022年07月18日

三保ダムは、水道水および、発電の為に 1974年に着工、1978年に完成した土質遮水壁型ロックフィルダムです。 土質遮水壁型ロックフィルダムとは、中心の粘土質からなるコア材を砂や砂利で構成されたフィルター材で囲み、その外側をロック材で幅広く囲む構造のダムです。
三保ダムは、地震への安全対策として、ダムの斜面がかなり緩やかになっています。
丹沢湖は、このダムによって作られた人工の湖です。
堤高 95m、堤頂長 587.7m、総貯水容量 6,490 万㎥。

丹沢記念館
コロナ過でダムカードの配布を停止していた場所もあったようなので、ダムカード集めは休止中でしたが、少し落ち着いてきたので再開する事にします。
三保ダムのダムカードは丹沢記念館の受付に置かれてました。 熊木ダムのカードもあったので合わせて入手。 常設展示を見学して屋上の展望所に出ます。
丹沢湖記念館

記念館の屋上から丹沢湖が良く見えます。
では、隣の「三保の家」を見学する事にします。
丹沢湖記念館・屋上からの眺め

「三保の家」入り口近くに展示されていた水車ランナー。
三保ダムの建設により、旧三保村の4地区が丹沢湖に水没しました。
水車ランナーには「水没した東京電力落合発電所のもの」との説明がありましたが、三保ダムの建造前に水没した地域に発電所があったのでしょうか? 落合発電所は、永歳橋の対岸に現存するので、水没により現在の場所に移転したのかも知れません。
三保の家・水車ランナー

三保の家
丹沢湖に対没する事になった旧渡辺家を移築した物が「三保の家」です。
江戸時代後期に建てられた建物で、内部の見学も無料です。
この角度からは分かりませんが、小屋裏で養蚕がおこなえるように、採光、換気の為に妻側屋根が切り上げられています。
三保の家

三保の家

三保の家

三保の家

三保の家

三保ダムに到着。 右側が丹沢湖。
ダム上部の道路は自動車は通行できません。 バイクは丹沢湖無料駐車場に停めて三保ダムの上を歩いてます。
三保ダム

丹沢湖の反対側は緩やかな斜面が続きます。
とは言え、高低差は 76m もあるので、下のダム広場までは 12分もかかります。
登ってくるのが大変そうなので、下りようとは思いませんでした...。 そこまでコアなダム好きでは無いので...。
三保ダム

ダムの主役、洪水吐が見えてきました。
本当は下から見た方が良いのですが、登って来るのが大変なので、横から眺める事にします。
三保ダムのゲートは、ローラーゲート1門、ラジアルゲート4門です。
ローラーゲートは扉体の両側にローラが取り付てあり、扉体を上下に移動して開閉します。
ラジアルゲートは弧状の扉体が軸で固定されており、軸を支点として扉体を巻き上げて開閉します。
三保ダム

減勢工が見えてきました。
減勢工は、ダムから流れる水の勢いを軽減し、川がえぐれてしまうのを防ぐ役割があります。
大雨が降るとここから大量の水が流れるのでしょうが、そんな悪天候な時にダムに来た事が無いので見た事がありません。 見てみたい気がしますが、そんな時にここを歩くのは危険ですよね...。
DSC_1144(三保ダム)

三保ダム

ダムの主役、ゲートの上部。
三保ダム

一番手前がローラーゲートで、その奥がラジアルゲート。
なんで異なる仕様のゲートを設置するのだろう...。 故障対策だろうか?
三保ダム

三保ダム

丹沢湖ではニジマスやブラックバスが釣れるようですが、ダム周辺は釣り禁止エリアのようです。
丹沢湖で釣れたブラックバスは種類によってはリリースは禁止のようだけど、釣れた場合は持って帰って処分している?
丹沢湖

帰りの国道は大渋滞...。


コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※なお、送られたコメントはブログの管理者が確認するまで公開されません。

名前:
メールアドレス:
URL:
コメント:

トラックバック

このエントリのトラックバックURL: http://hiros-info.asablo.jp/blog/2022/07/18/9529952/tb

※なお、送られたトラックバックはブログの管理者が確認するまで公開されません。