三重県 伊賀上野城2014年08月14日

三重県伊賀市にある日本100名城の一つです。
1585 年に羽柴秀吉の家臣脇坂安治が摂津に移封されると、代わりにこの地に入った筒井定次が築城したのが伊賀上野城の始まりです。
1608 年に失策を理由に家康によって領地が没収されると藤堂高虎が伊賀に入り、上野城の改修を行います。
明治に入って 1869 年の廃城令によって、他の城郭と同じようにほとんどの建物が取り壊されました。

バイクが止められる駐車場が良く解らなかったので、少し離れてますが城北駐車場に駐車します。 ここの駐車場は大変広いです。
早速散策を開始しますが、ここの見所は高い石垣だと思います。
伊賀上野城・石垣

伊賀上野城・石垣

内堀側の石垣です。 かなり高い石垣ですが反りがほとんど無いです。
反りがあった方が安心感を感じるのは自分だけでしょうか?
伊賀上野城・内堀の石垣

伊賀上野城・内堀の石垣

天守
上野城の天守は建造中に嵐で倒壊した為に完成しませんでした。
現在の天守は昭和10年に私財で建てられた模擬天守です。
五重天守を建てる計画で作られた天守台に三重の天守を建てたので、ちょっとサイズが合っていないとの事。
伊賀上野城・天守

なるほど、手前の建物は櫓というより小天守なんですね...。
模擬天守にしては凝った造りです。 予想以上に立派です。
伊賀上野城・天守

伊賀上野城・天守

模擬天守とは言え、木造で作られている本格的な物です。
これを個人の私財で作ったのですからたいした物です。
伊賀上野城・天守内部

伊賀上野城・天守内部

ご当地キャラのた伊賀ー君。
名札が「たいがー」だったので、藤堂高虎の「虎」を取ったのだろうと思っていたら、ホームページを見ると「伊賀」とも掛け合わせている事が判明。
身長は 190cm で藤堂高虎と同じとか。 藤堂高虎、でかいですね...。 
伊賀上野城・た伊賀ー君

俳聖殿
城とは直接関係ありませんが、松尾芭蕉の生誕300年を記念して昭和17年に建てられた建物です。 なぜ松尾芭蕉かと言うと、松尾芭蕉は伊賀出身です。 堂内には伊賀焼の松尾芭蕉座像が安置されているそうです。
上層部が円形という、他で見た事が無い変わった形をした建物です。
伊賀上野城・俳聖殿

伊賀上野城・俳聖殿

俳聖殿のそばにあったお稲荷さん(?)らしき社。
こういった感じは結構好きです。
伊賀上野城・俳聖殿周辺