東京都 青梅鉄道公園2021年02月14日

青梅鉄道公園は 1962年に鉄道開業90年記念事業として当時の国鉄が開業した公園です。
園内には昔の蒸気機関車や客車などの実物が展示されています。
かなり昔からある施設ですが、最近まで存在を知りませんでした。

青梅宿散策の最後に訪れたので、西分神社から徒歩で移動しました。 途中、道を見失って墓地の中を歩く事になってしまいましたが、なんとか到着。 青梅駅からは登坂を歩く事になるで、駅から徒歩で訪問するには少し苦労するかも知れません。
入場料は 100円と非常に安いです。 これで採算が取れるのでしょうか?
青梅鉄道公園

D51形 452号
D51 は D50 の後継として 1936年から製造された主要幹線貨物用の機関車です。
戦前~戦後にかけて活躍し、1,100 両以上が製造されました。 ディーゼルや電気式を含めても、同型種として日本でもっとも量産された車両になります。
この車両は 1940年に汽車製造(1972年に川崎重工業に吸収)で製造され 1972年まで運用されました。 走行距離は地球 60週分にもなります。
青梅鉄道公園・D51

青梅鉄道公園・D51

運転席は、電子化された現在の車両には無い、独特な美しさがあります。
青梅鉄道公園・D51

クモハ 40054号
1932 ~ 1942年に製造された車種で、国鉄が東京、大阪の通勤用に使用していました。
乗客数を増やす為、国鉄で初めて採用された前兆 20m 級の車両です。
この車両は 1935年に田中車両工場(現在の近畿車両株式会社)で製造され、当初は総武線で使用されました。 1945年には青梅線に配属され、1車両で運用されていたようです。
クモハ40系は 1978年に全車両が引退しています。
青梅鉄道公園・クモハ40

E10形 2号
旧国鉄が最後に新造した急勾配用の機関車です。 日本最大のタンク式蒸気機関車であり、また、日本で唯一、後ろ向きに使用する事を前提として設計された車両です。
この車両は 1947年に汽車製造(1972年に川崎重工業に吸収)で製造され、同型はたった5両しか製造されませんでした。 現存するのもこの1両のみで、かなり特殊な車両だったようです。
青梅鉄道公園・E10

青梅鉄道公園・E10

青梅鉄道公園・E10

C11形 1号
旧国鉄の前身である鉄道省が 1932年から近距離旅客用に使用したタンク式機関車です。
この車体は、汽車製造(1972年に川崎重工業に吸収)が製造した1号車で、 1962年まで使用されました。 1970年まで貨物の運搬用などに運用されたようですが、現在でも保存運転を行っている車両も存在します。 小型で扱いやすい車両のようです。
青梅鉄道公園・C11

青梅鉄道公園・C11

青梅鉄道公園・C11

ED16形 1号
旧国鉄の前身である鉄道省が 1931年から製造を開始した電気機関車です。
この車両は1号機で当初は中央線・八王子~甲府間を運航していました。 1980年まで運用され現在は重要文化財にも指定されています。
同型車も 1984年にすべて廃車となりますが、約 50年の長きに亘って活躍した車両です。
青梅鉄道公園・ED16

青梅鉄道公園・ED16

2120形 2221号
明治時代の官設鉄道が 1898 ~ 1905年にアメリカ、イギリス、ドイツなどで製造・輸入した車両です。
2100形の同型機で、他にも何種類か存在し、総じて B6形と呼ばれていました。
268両(10 両は国内生産)もの車両が運用され、当時の鉄道の中心的な存在でした。
日露戦争の兵站輸送の為に満州に渡った車両もあります。
この車両は 1905年にイギリスで製造され、1955年まで製造されました。
青梅鉄道公園・2120形

青梅鉄道公園・2120形

8620形 8620号(1号車)
海外から輸入された 8800形などを参考に、旧国鉄の前身、鉄道院が設計・製造したテンダ式蒸気機関車です。 1914 ~ 1929年に 672両製造され、大正期の中心的な旅客用機関車でした。
この車体は 1914年に汽車製造(1972年に川崎重工業に吸収)が製造した1号車で、1958年まで運用されました。 テンダー式とは、燃料となる水や石炭を積んだ炭水車が接続された機関車の事です。
青梅鉄道公園・8620形

青梅鉄道公園・8620形

青梅鉄道公園・8620形

9600形 9608号
1913 ~ 1926年に 770両製造されたテンダ式蒸気機関車です。 先ほどの 8620形と、ほぼ同年代の機関車ですがこちらの方が少し早く、日本で初めて製造された蒸気機関車になります。
8620形よりも大型で D50形が出るまでは貨物用機関車の中心的な車種でした。
この車両は 1913年に川崎造船所兵庫工場で製造された物で、1962年まで運用されました。
日本の鉄道車両技術の始まりを伝える車両です。
青梅鉄道公園・9600形

青梅鉄道公園・9600形

青梅鉄道公園・9600形

5500形 5540号
1893 ~ 1898年にイギリスで製造された蒸気機関車です。 旅客列車用として 60両ほど運用されており、当時の主流車両でした。
この車両は 1897年に製造されて輸入された物で、1961年まで運用されました。
青梅鉄道公園・5500形

青梅鉄道公園・5500形

青梅鉄道公園・9600形、5500系

新幹線0系22形
1964年に開業された東海道新幹線で使用されていた車両です。 この車体は大阪万博の為に 1969年に増備されました。 新幹線0系は、世界で初めて 200km を超える速度で営業運行を実現しました。 世界の高速鉄道の先駆けとなる車両です。
残念ながら、展示用なので車体下のモーターなどは取り外されており、スカスカでした...。
青梅鉄道公園・新幹線0系22形

青梅鉄道公園・新幹線0系22形

正直、青梅の小さな博物館にこれだけの貴重な車両が展示されている事に驚きました。
これで入場料 100円は安いと思います。
子ど向けなので、大人1人では入りにくいのが難点ですが、奥多摩方面に来た時には再訪したい場所です。